黒 にんにく 食べ 方 量

黒にんにくのアンチエイジング効果をアップする食べ方と摂取量

 

・最近あまり元気が出ない

・いつまでも若くて健康的に過ごしたい
・寝ても疲れがとれず起きるのがつらい
・免疫力をつけて風邪などのウイルスから身を守りたい
・いまよりも、バリバリ仕事や家事をこなしていきたい

…そんな人にオススメ。

 

・疲労回復効果が白いにんにくの4倍
・マウスのガンが消えたほどの高い免疫力

そんなすごい黒にんにくですが、
食べ過ぎると、逆に「腹痛」「下痢」などの体調をおこしてしまう可能性があります。

 

黒にんにく 腹痛

 

また、効果がアップする食べ方もあるので
ご紹介してまいります。

 

ちょっと気をつけるだけで、体調を崩すこともなく、黒にんにくの元気&健康パワーがアップするので、良かったらお試しください!

 

 

今回ご紹介する内容は次の通りです。

 

 

 

 

まずは、黒にんにくの適切な摂取量をご紹介します。

 

 

黒にんにくの適切な摂取量は?

黒にんにく 摂取量
にんにくを熟成発酵して黒にんにくになることで消化器官への負担は大幅に減ります。

 

しかし、体質によっては、黒にんにくを一度に食べ過ぎると「腹痛」「下痢」「便秘」を発症してしまう場合があります。

 

そこで、はじめのうちは3片までを上限として摂取してみることをオススメします。

 

3片食べても問題ない場合は、少しづつ量を増やしてみてもいいでしょう。

 

また、にんにくにアレルギーを持っている場合は、必ずお医者さんに相談して黒にんにくを摂取しても大丈夫かどうか確認してください。

 

 

つぎは、黒にんにくの効果がさらにアップする食べ方です。

 

黒にんにくの効果がさらにアップする食べ方は?

 

アンチエイジング効果がアップする2つの食べ方をご紹介いたします。

 

アンチエイジング効果をアップする食べ方

 

油、トマトと一緒に食べる

 

黒にんにくと油(サラダ油やオリーブオイルなど)が混ざるとトマトなどに含まれるリコピンの吸収が良くなります。

 

リコピンには体の老化を促進する活性酸素を除去する効果(抗酸化作用)があります。

 

そのうえ、黒にんにく自体に含まれるポリフェノールにも同じ効果があるのでアンチエイジングには最強の組み合わせと言えるでしょう。

 

 

⇒⇒⇒ポリフェノールが炊飯器黒にんにくの15倍!オーガライフの黒にんにくはこちら

 

卵と一緒に食べる

黒にんにく 卵黄
卵黄に含まれているレシチンという成分は血管内に付着したコレステロールを除去する働きがあります。

 

黒にんにくにも悪玉コレステロールを減らすS-アリルシステイン(SAC)という成分が含まれているので、相乗効果により血管内を健康で若々しい状態に保ってくれます。

 

また、卵黄に含まれているビタミンEと黒にんにくに含まれているポリフェノールには活性酸素を除去する効果があるため若いお肌を保ってくれます。
(栄養大百科より)http://www.minamitohoku.or.jp/up/news/konnichiwa/200811/eiyo.htm

 

⇒⇒⇒黒にんにくと卵黄が入ったサプリはこちら

 

 

黒にんにくのアンチエイジング効果がアップする食べ方と摂取量

まとめ

 

今回の記事を調べてみてわかったことは次の点です。

 

  1. 黒にんにくを食べ過ぎると、体調を崩す可能性がある
  2. はじめは多くても3片までにする
  3. 「トマトと油」と一緒に食べるとアンチエイジング効果がアップ
  4. 「卵黄」と一緒に食べるとアンチエイジング効果がアップ

 

黒にんにくの安全な摂取量と効果的な食べ方で「元気」「健康」「若さ」を手に入れてください(^-^)v

 

⇒⇒⇒黒にんにくと卵黄が入ったサプリはこちら

 

⇒⇒⇒美味しくて栄養豊富な黒にんにくはこちら

 

 

 

 

こんな記事もご紹介しています。